ミスコン出場の大学生「ミャンマーを助けて」 涙の訴え

有料会員記事

バンコク=貝瀬秋彦
[PR]

 クーデターで国軍が権力を握り、市民への激しい弾圧を続けるミャンマー。その母国の代表として国際的なミスコンテストに出場した大学生が、「どうかミャンマーを助けてください」と、国際社会に支援を訴え続けている。

 隣国タイの首都バンコクで3月27日に開かれた「ミス・グランド・インターナショナル」。ミャンマー代表のハンレイさん(22)が舞台の上から、涙ながらにこう語った。

 「私の母国ミャンマーでは、私がこのステージに立っている間にも多くの人が亡くなっている。私はここで言いたい。どうかミャンマーを助けてください。私たちは緊急の国際的な支援を必要としています」

 ミャンマーの「国軍記念日」だったこの日は、国軍側の弾圧で100人を超える犠牲者が出た。

ハンレイさん、身の安全を考慮でしばらくタイに

 ハンレイさんは31日、バン…

この記事は有料会員記事です。残り203文字有料会員になると続きをお読みいただけます。