竹下景子さん、馬籠宿を駆ける 聖火リレーが岐阜入り 

松永佳伸
[PR]

 東京五輪聖火リレーは3日、岐阜県に入った。旧中山道の宿場町「馬籠宿」=中津川市=をスタートし、1日目のゴールとなるJR高山駅=高山市=まで6区間、約12キロを73人のランナーが聖火をつないだ。

 第1走者は恵那市にある日本大正村の第3代村長を務める俳優の竹下景子さん(67)。サポートランナーや東濃歌舞伎中津川保存会に所属する小学生らに見送られてスタートし、石畳の上を笑顔で駆け抜けた。

 走り終わった竹下さんは「温かい応援が力になりました。東北地方の復興への思いをつなぐ意味も込めて走りました。岐阜県の魅力が世界に伝わるといいですね」と話した。

 聖火リレーはこの後、4日=岐阜県、5・6日=愛知県、7・8日=三重県と東海3県を巡る。(松永佳伸)