五輪決めたスイマーが抱き寄せた 敗れた28歳との絆

有料会員記事

松沢憲司
[PR]

 2大会連続となる五輪の切符に、0秒21届かなかった。競泳女子400メートル個人メドレーの清水咲子(28)=ミキハウス=は、3日に行われた代表選考会の決勝で3位に終わった。

 最後の50メートルで高校3年生の谷川亜華葉(あげは)(イトマン)と激しく競り合い、タッチ直前でかわされた。五輪の代表入りに必要なタイムは上回ったが、2位以内という条件を満たせなかった。

 「正直、何が起きたのか分からない感じ」「やりたいことをやって、精いっぱいやった結果だと思う」。レース後、率直な思いを口にした。時折、涙で言葉を詰まらせながら。

 長年、この種目を引っ張ってきた。リオ五輪後は思うように結果が出ず、苦しんだ。

 昨年の秋から日本代表の平井伯昌監督の直接指導を受け始めた。そこには、清水が持っていた日本記録を塗り替えた大橋悠依(イトマン東進)がいた。

 才能豊かだが、悩むことも多…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら