重点措置の地域追加「躊躇なく」 首相、TV番組で発言

新型コロナウイルス

小野太郎
[PR]

 菅義偉首相は4日、フジテレビの報道番組に出演し、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」の適用地域の追加について「必要であれば躊躇(ちゅうちょ)なく、と思っている」と述べた。感染再拡大の動きがある東京都などの状況を注視する考えを示した形だ。

 首相は、東京都への重点措置適用の可能性について聞かれ、「専門家と状況や見通しを相談する中で判断していきたい」と語った。新型コロナ担当の西村康稔経済再生相が各都道府県知事と連絡を取り合う体制にしているとしたうえで、地方からの要請があった場合を念頭に「速やかに認めているのが現状。そういう方針で臨んでいる」と説明した。

 また、バイデン米大統領が3月下旬に、ジョンソン英首相との電話協議で、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する構想を持つべきだと提案したことに対して、首相は「日本に具体的な話は何もない」とした。日本の立場については「プロジェクトごとに考えるべきだ。全てが最初から反対、最初から賛成ということでなく、オープンな中で選択していく」と述べ、独自に判断していく考えを強調した。(小野太郎)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]