「アルバム破ったの私やねん」 満開の桜の苦い思い出

会員記事

井手さゆり
[PR]

桜ものがたり2021

 満開の桜の頃だった。30年以上前、大阪府内の中学教師だった坂本幸仁さん(62)は、夜遅く帰宅し郵便受けのA4サイズの茶封筒に気づいた。差出人はなく妙に膨らんでいる。胸騒ぎがした。

 中にはビリビリに破られた厚紙が入っていた。玄関の床に並べると、それは卒業アルバムだった。つい先日送り出した、担任したクラスの集合写真だった。

 心当たりがあった。

 2学期、ある生徒から相談を…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら