3冠馬、短距離女王もぶっちぎる レイパパレがGI初V

有料会員記事

松本龍三郎
[PR]

 競馬のGⅠレース第65回大阪杯は4日、阪神競馬場の芝右回り2000メートルに13頭が出走して行われ、4番人気のレイパパレ(牝(めす)4歳、栗東・高野友和厩舎(きゅうしゃ))が優勝した。レイパパレはデビューから負けなしの6連勝で、初挑戦のGⅠを制した。6番人気のモズベッロが2着、1番人気に支持された昨年の3冠馬コントレイルは3着だった。

 昨年の3冠馬と、昨年の最優秀短距離馬グランアレグリアの対決に注目が集まった一戦。2頭が並走しながら直線に入った時には、スタンドが沸き立った。

 だが、その前を走るレイパパレは、その2頭以上に力をためていた。直線の坂を駆け上がりながらリードを広げ、最後は2着馬に4馬身もの差をつけてゴールに飛び込んだ。

 この日は、昼過ぎから降り続…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。