池江璃花子、2大会連続の五輪代表内定 白血病乗り越え

[PR]

 白血病から復帰した競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が、メドレーリレーでの東京五輪代表に内定した。4日に東京アクアティクスセンターで行われた、東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権の100メートルバタフライ決勝で57秒77で優勝。個人種目での内定条件(57秒10)には届かなかったが、メドレーリレーの派遣条件(57秒92)を上回った。2016年リオデジャネイロ大会に続く2大会連続の五輪出場となる。

 池江はレース後のインタビューで涙をこらえきれなかった。池江は「努力は報われるんだなと思った。このバタフライが一番時間がかかると思っていた種目。何番でも、ここにいることに幸せを感じようと思った」と声を震わせて語った。

 池江は2019年2月に白血病を公表。約1年半の闘病生活を経て、20年8月にレースに復帰した。当初は負担の少ない自由形に専念していたが、復帰5戦目となった今年2月の東京都オープンで初めて100メートルバタフライを泳ぎ、日本選手権の出場権を得ていた。

 池江は復帰後は一貫して「目標は2024年パリ五輪」と言い続けてきた。3日にあった100メートルバタフライの準決勝を58秒48の全体3位で通過した際も、「東京五輪はメインではない。(決勝は)準決勝より速いタイムで泳げたらいい」と話していた。

 池江は今大会、100メートル、50メートルのバタフライと自由形の4種目にエントリーしている。