ローマ教皇「最貧国にワクチンを」 復活祭ミサで訴え

ローマ=大室一也
[PR]

 世界に約13億人の信者がいるローマ・カトリック教会のトップ、フランシスコ教皇は4日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で「復活祭(イースター)」のミサを行い、国際社会全体が貧しい国の人々にもワクチンを行き渡らせるよう訴えるメッセージを発表した。

 フランシスコ教皇は「ワクチンはこの(コロナとの)闘いで重要な手段」としたうえで、高所得国と最貧国ワクチン接種状況に大幅な格差があることを念頭に、「国際社会全体に対し、特に最貧国において、ワクチン供給遅延の克服に取り組み、供給を促進するよう主張します」と訴えた。

 また、クーデターで国軍が権力を握り、多数の市民らが犠牲になっているミャンマー情勢についても言及。「民主主義を支え、平和裏に自分たちの意見を述べることに取り組んでいるミャンマーの若者たちに親しみを感じる」とした。

 ミサはコロナ禍のため、昨年同様に少人数で開かれ、テレビやインターネットで中継された。(ローマ=大室一也)