「これからは女性の時代」で船頭20年 最後の舟下り

有料会員記事

三浦英之
【動画】岩手・一関の観光名所「猊鼻渓」で女性初の舟下りの船頭が4月1日に引退。最後の舟下りでその歌声を披露した=三浦英之撮影
[PR]

 岩手県一関市の観光名所・猊鼻渓で1日、女性初の舟下りの船頭が惜しまれながら舟を下りた。約20年間、歯を食いしばりながら舟に乗り続けた千葉美幸さん(47)。その棹(さお)と歌声を後輩に託した。

 猊鼻渓は日本百景の名勝。石灰岩が浸食されてできた高さ100メートルを超える断崖絶壁の渓谷を、観光客は船頭が長い棹で操る舟に乗って遊覧する。

 猊鼻渓のレストハウスで働いていた千葉さんが船頭になったのは2001年秋。舟下りを運営する観光会社の上司に「これからは女性の時代だ。船頭だってできるはずだ」と誘われた。

 最大約70人の観光客を乗せ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら