花組トップ柚香光が野獣に 躍動感あふれるショー

有料会員記事宝塚歌劇団

杢田光

拡大する写真・図版パッショネイト・ファンタジー「Cool Beast!!」。トップスター柚香光が野獣に扮して大暴れ=滝沢美穂子撮影

[PR]

 花組のやんちゃな野獣たちが戯れ、個性をぶつけ合う。宝塚大劇場兵庫県宝塚市)で4月2日に開幕したショー「Cool Beast!!」。トップスター柚香光(ゆずかれい)の主演する大劇場のショーとしては初めてで、柚香自身のあこがれていたあの場面も採り入れられた。

 ダンサーの柚香に、「野獣」というモチーフをあてた演出家の藤井大介の着想はあっぱれ。大地を駆け回る獣のように、解き放たれた柚香は伸びやかな感性で自由に踊る。

念願の「裸足でデュエット」も

 舞台上に星がきらめき、宇宙のような雰囲気からショーは始まる。専科の美穂圭子(みほけいこ)と凪七瑠海(なぎなるうみ)が、極上の歌でしっとりと異世界へ引き込む。そこから一気に、熱気を帯びたジャングルへ。ギラギラのミラーボールつきの台座に乗った野獣(柚香)がやってくる。

 さらに水美舞斗(みなみまいと)ら「花男」が入り乱れ、「オーイッ!」と威勢のいいかけ声。ゴールドのジャケットの裾には黒のしっぽ。アフリカの大地をイメージし、爪を立てて踊り狂う。

 裸足で踊るデュエットダンスはしなやかで、柚香の持ち味が生かされている。なにしろ柚香は、タカラジェンヌの名鑑「宝塚おとめ」の「演じてみたい役」に「裸足でデュエット」と書いていたくらいだから。

拡大する写真・図版ラヴェルの「水の戯れ」にのせて裸足であでやかに踊る柚香(右)と華優希=滝沢美穂子撮影

 「長年の夢でした。男役は足首が固定されるシューズで踊ることが常。解き放たれた状態で踊ると躍動感が変わってくる。よろいがはがれて、自由に音楽を感じられます」

 同期の水美とのダンスバトルも自由奔放。猫耳の娘役をはべらせて、ナイトクラブで骨付き肉を振り回す。ともに花組育ちでダンサーとして切磋琢磨(せっさたくま)してきた2人の息もぴったりだ。

この公演で退団する瀬戸かずやに、トップ娘役の華優希と見どころが続きます。

 「女装」の男役がトップスタ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。