ワクチン接種、待つ人迷う人 悩む医師「自分で判断を」

有料会員記事新型コロナウイルス

木村浩之、黒田壮吉、増山祐史
[PR]

 高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が12日にも始まる。その後は、持病のある人や高齢者施設などで働く人たちにも順次広げられる予定だ。感染拡大の「第4波」を抑え、日常生活を取り戻す切り札になるのか。(木村浩之、黒田壮吉、増山祐史)

 東京都八王子市は5日、今週届く1950回分のワクチン接種の予約を受け付けた。インターネットのほか、コールセンターに35台の電話を用意。だが開始時刻の午前9時になると申し込みが殺到し、つながりにくい状況に。1時間半で締め切られた。市役所には、予約できなかった高齢者が集まり、職員が対応に追われた。糖尿病などを患う会沢卓治さん(67)は「できるだけ早くワクチンを打ちたかった。対応できる人数を増やしてほしい」と話した。

 お年寄りが集まる街として知られる東京・巣鴨。

 衣料品店「マルジ」常務の工藤秀治さん(67)もワクチンに期待する一人だ。感染拡大で商店街の人通りはめっきり減り、売り上げも落ち込む。常連客と電話で話すと「感染が怖くて、電車に乗るのが嫌だ」「ワクチンが普及して安心して移動できるようになったら、また行く」と言われるという。工藤さん自身もワクチン接種を受けるつもりだ。「早くにぎわいが復活してほしい」

「元の生活に戻れるかも」期待

 国が想定するワクチン接種の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]