[PR]

 フジテレビなどを傘下におく持ち株会社「フジ・メディア・ホールディングス(FMH)」の金光(かねみつ)修社長は5日、朝日新聞の取材に応じ、2014年9月までの約2年間、放送法の外資規制に違反していた疑いがあることについて、「隠す意図はなかった」とした上で、「悪意を持ってやったわけではなく、実務上のミス」と述べた。

 金光氏は、今回の疑いが発覚した14年9月当時は、FMHの常務を務めていた。5日夕にFMH内で取材に応じた際、朝日新聞の取材がきっかけで公表することにしたと明かし、「開示した方がよかろうということになった」と説明。同時に「過年度における議決権の取り扱いに関する過誤について」と題した資料を発表した。

 放送法は、株主の議決権の外資比率が20%以上の事業者は認定を受けられないと定める。放送局などが利用する電波は公共性が高く、「日本国民」の利益を優先するためだ。

 ところがFMHによると、本来…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら