電話通じず、パソコンが…ワクチンの予約殺到、すぐ定員

[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種に向け、東京都八王子市で5日、予約受け付けが始まった。1回目のワクチンは対象者の約1%分しかなく予約が殺到し、開始からわずか約1時間半で定員に達し、締め切られた。同じく接種が始まる世田谷区は、まずは高齢者施設の入所者を対象にする。

     ◇

 「電話が通じないじゃないか」「パソコンの操作が分からない」「接種できる人数を増やしてほしい」――。

 12日に高齢者へのワクチン接種を始める八王子市。5日午前9時から始まった予約の受け付けは、直後から電話が殺到し、混乱した。

 市内には接種対象の高齢者が約16万人いる。接種に必要なクーポン券はすでに発送したが、今週、市に届くワクチンは約1%の1950人分しかなく、予約が必要だ。

 市は予約枠を電話とインターネットに分配。電話予約を希望する高齢者が多いと予測し、都外にコールセンターを設置して35台の電話で対応したが、受け付け開始直後からつながりにくくなり、1時間半で予約は終了。ネットも、わずか20分で予約枠が埋まった。

 窓口に訪れる市民も後をたたず、市職員は「ワクチンの数が限られ、今はお待ちいただくしかありません」、「ワクチンは随時入ってきます。必ず受けられますから」と、説明に追われた。

「市役所に来れば予約できると思った」

 市役所の玄関には「コロナワ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]