ASEAN首脳会議、近く開催 ミャンマー情勢を議論へ

有料会員記事

シンガポール=西村宏治
[PR]

 クーデターで国軍が権力を掌握したミャンマー情勢をめぐり、ミャンマーが加盟する東南アジア諸国連合(ASEAN)が近く、ジャカルタで首脳会議を開く準備を進めている。今年の議長国ブルネイが5日、明らかにした。ただ、ミャンマー国軍側は非難を受ける場となることを警戒している模様で、引き続き調整が続いている。

 ブルネイボルキア国王マレーシアのムヒディン首相が、5日の会談後に共同声明を発表。「ASEANはミャンマーを支援する用意がある」ことを再確認し、加盟国による首脳会議を開く準備を進めることで合意したという。

 声明はミャンマーでの危機の継続と犠牲者の増加に「深刻な懸念」を表明し、すべての関係者に「暴力の扇動を控え、最大限の自制と柔軟性を発揮すること」を強く求めている。

 ミャンマー問題をめぐるAS…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら