「人や組織を抜本強化」 ATM障害でみずほ・坂井社長

有料会員記事

山下裕志、西尾邦明
[PR]

 みずほ銀行と親会社みずほフィナンシャルグループ(FG)は5日、2月末以降に続いたATM障害などの原因調査結果と再発防止策を発表した。計4件の障害は直接の関係がないとしつつ、事前テストによる点検の不足や顧客対応の遅れなど共通の問題をあげた。金融庁は今後、業務改善命令を出す見通しだ。

 みずほFGの坂井辰史社長は5日夕の会見で「信頼に関わる極めて重大な事態だと受け止めており、改めて心より深くおわび申し上げる」と陳謝。今回は中間報告の位置づけで、外部有識者による第三者委員会の評価や提言も踏まえ、経営責任などを今後判断する。

拡大する写真・図版会見するみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長=2021年4月5日午後7時15分、東京都千代田区、北村玲奈撮影

 約2週間で相次いだ複数の障害に共通する問題として、通帳やキャッシュカードを取り込んだままとなるATMの設定▽事前テストによる点検の不足▽一部エラーがシステムの別の部分に波及することへの認識不足▽顧客対応の遅れなどを挙げた。坂井氏は「本来おろそかにしてはならない日々の業務運営に大きな問題が出た。(障害を防ぐ)しくみだけでなく、それを担う人や組織を抜本的に強化する必要もある」とした。

 再発防止策として、障害時に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら