「人権に深刻な懸念」「干渉反対」 日中外相が電話協議

[PR]

 茂木敏充外相は5日夜、中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相と1時間半にわたり、電話で協議した。日本外務省によると、中国の海警部隊に武器使用を認めた海警法や香港、新疆ウイグル自治区の人権状況などについて深刻な懸念を伝えたという。

 日本外務省の発表や同省幹部によると、協議は中国側の要請で行われた。茂木外相は中国海警部隊による沖縄・尖閣諸島の周辺への領海侵入、中国の進出が続く南シナ海の情勢についても深刻な懸念を伝え、具体的な行動を強く求めたという。一方、気候変動問題について対話を深めていくことで一致したほか、北朝鮮情勢に関し、非核化に向けた連携を確認したという。

 中国外務省によると、新疆や香港などの問題について王氏は「中国の内政に日本が干渉することに反対する」とし、中国への牽制(けんせい)姿勢を強める日米関係を念頭に「日本が自主独立国家として客観的、理性的に中国の発展を扱い、中国に偏見を持つ国家に同調しないことを望む」と指摘した。