オチはいらない、10秒でいいから雑談を 齋藤孝さん

有料会員記事新生活応援

聞き手・中島鉄郎
[PR]

 明治大学教授の齋藤孝さん(60)は、何ということもない「雑談」が、スムーズな人間関係のために大きな役割を果たす、と考えている。10年ほど前に「雑談力が上がる話し方」という本を書いたが、コロナ禍で人との交流が難しい今こそ、雑談の効用を考えるチャンスでは、という。

――「雑談をする力」は、いわゆるトーク力とは違うのですか。

「トーク力は人を引きつける話術のことです。しっかりとした話す技術や、人間的な魅力が必要になります。でも、雑談力はそこまでハードルが高くない。話が下手でも問題ありません。まず基本をあいさつプラスα程度に考えたらいい。『おはようございます』の後に、『今日も午後から降りそうですね』とか『最近、あの店は混んでいますね』と付け加えるだけ。時間にすれば10秒から30秒。これが雑談の基本スタイルだと思います」

 ――10秒から30秒……ずいぶん短いですね。

「実際に時間を計ればわかりますが、30秒って雑談するとけっこう長いですよ。言葉をやりとりすることで、人間関係を少し温め、相手との距離を少し縮める。雑談とはそういう目的ですから、短くていいんです」

 ――今は人との交流もオンラインが多いですが、雑談がしにくい、と感じる人が多いようです。

「雑談の目的は相手との距離を縮めることなので、中身がない気楽な話のほうがいいのです」と話す齋藤孝さん。最後には、お笑いと雑談の関係についても話題が移ります。

「確かにオンラインは対面より…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新生活応援

新生活応援

新しい年度が始まる4月、入学や入社など人生の大きな転機を迎える人も多いことでしょう。心機一転、新しいことを始めたくなるときでもあります。新生活を応援する記事をまとめました。[記事一覧へ]