タイのゾウ、重さ1.7キロの膀胱結石 尿が出ず…手術

会員記事

バンコク=乗京真知
[PR]

 タイの動物園で飼われているゾウの膀胱(ぼうこう)から、重さ約1・7キロの結石が見つかったと、国立カセサート大学の獣医学部が発表した。同学部は、タイで見つかったゾウの結石としては過去最大だとしている。

 同学部の2日の発表によると、今回結石が見つかったゾウは、長く南部のリゾート地・サムイ島で飼われ、最近バンコク近くの動物園に移った50歳の雌サイトン。尿が出なくなったため、同学部の診療所に運ばれ、診察を受けた。

 その結果、同学部は結石の疑いがあると判断。3月30日に切開手術したところ、膀胱から直径十数センチの結石が見つかった。結石はダチョウの卵ほどの大きさの楕円(だえん)形で、薄茶色だった。手術は獣医師ら10人がかりで、計6時間かかったという。

石灰分の多い水が原因か

 同学部がゾウから結石を除去…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら