iPS細胞から胎盤になる細胞を作製、京大

有料会員記事

野中良祐
写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 京都大などのチームは、さまざまな細胞になれるヒトのiPS細胞から、胎盤になる細胞をつくることに成功したと発表した。胎盤の異常によって赤ちゃんの発育不全や母体の高血圧などが起きると考えられており、これらのメカニズム解明に役立つ可能性がある。

 胎盤は、胎児に栄養や酸素を運ぶ役割がある臓器だ。細かい突起が並んだ構造をしており、突起の細胞は、受精卵から細胞分裂した「栄養外胚葉(はいよう)」という組織からつくられる。これまで、iPS細胞などの万能細胞は受精卵よりも少し変化が進んだ状態のため、受精卵により近い栄養外胚葉をつくるのは技術的に困難とされていた。

 チームは、京大iPS細胞研究所が研究用に備蓄しているヒトのiPS細胞に複数の遺伝子を働かせることで、受精卵に近い状態に巻き戻したiPS細胞を作製。受精卵が育つ過程でつくられるたんぱく質を加えたところ、栄養外胚葉に変化させることに成功した。この栄養外胚葉は、胎盤の突起の細胞になることも確かめた。

 万能細胞を使って胎児の組織…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。