日米豪印と仏、初の海上共同訓練 中国の海洋進出を警戒

有料会員記事

ニューデリー=奈良部健
[PR]

 インド東方のベンガル湾で5日、多国間の海上共同訓練「ラ・ペルーズ」が始まった。フランス主導の訓練で、海上自衛隊や米国、オーストラリアのほか、初めてインドの海軍が参加した。日米豪印の4カ国は3月12日に初の首脳協議を開いており、中国による海洋進出を念頭に欧州との協力も深めている。

 フランスはインド洋の海外領土レユニオン島、中東のアブダビ、アフリカのジブチなどに海軍基地を持ち、中国の海洋進出への警戒を日米豪印4カ国と共有している。在印フランス大使館は、今回の共同訓練を「自由で開かれたインド太平洋における協力を一層深めるものだ」としている。

 インド軍関係者によると、イ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。