優里さんのMVでSME陳謝 ユーチューブ公開を停止 

鈴木康朗
[PR]

 人気アーティスト優里(ゆうり)さんの楽曲「インフィニティ」のミュージックビデオについて、所属先の親会社であるソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は6日、ユーチューブでの公開を停止した。ビデオには優里さんとは別人がスケートボードを操るシーンがあるが、スケボー禁止の公園で無許可で撮影されていたという。

 SMEによると、ミュージックビデオは委託先の業者が1月に撮影し、2月から公開。4月5日までに約370万回再生された。この中に複数の人物がスケボーで走るシーンが出てくる。東京都江東区豊洲にある春海橋公園と豊洲ぐるり公園の二つの公園内も走っているが、いずれもスケボーは全面禁止。撮影に必要な許可も得ていなかった。ぐるり公園の指定管理者の担当者は「スケボー禁止の看板を増やすなどして対策をとっていただけに、動画が公開されたことは残念」と話している。

 SMEの広報は「確認不足で皆様にご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げる。今後は管理を徹底する」としている。

 優里さんは昨年8月にメジャーデビューした。昨年10月リリースの楽曲「ドライフラワー」のストリーミングの累計再生回数が2億回を超えるなど、人気を集めている。今回のミュージックビデオに優里さん本人は出演していない。(鈴木康朗)