案里氏事件で再選挙、「政治とカネ」論戦へ 8日告示

有料会員記事

大久保貴裕、東郷隆
[PR]

 河井案里氏(47)の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙が8日、告示される。自民党は元経済産業省課長補佐の西田(にした)英範氏(39)を公認し、連立を組む公明が推薦。野党は、立憲民主党などが推薦する無所属の元キャスター宮口治子氏(45)で事実上、一本化した。「政治とカネ」をめぐって与野党が対決する構図となる。

拡大する写真・図版2019年の参院選。菅義偉首相(当時・官房長官)は、河井案里氏の応援に入った=19年7月16日、広島県福山市

創価学会会長も訪問…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら