東ちづるさん 「お嫁さんにしたい芸能人」に違和感…

会員記事

田中章博、杢田光
[PR]

 主人?奥さん? モヤモヤする言葉はありますか。俳優の東ちづるさんが、気になっていたのはあの言葉でした。

「妻」や「恋人」ではなく「嫁」?

 かつて「お嫁さんにしたい芸能人」とよく呼ばれていました。料理番組のアシスタントで全国放送デビューした30年ほど前のことです。キャッチーな言葉はタレントとしてはありがたいのですが、「妻」や「恋人」ではなく「嫁」だったことが気になっていました。下の名前で呼び合う両親のもとで育ったので、上下関係がにじむ言葉に抵抗があったんです。

 2003年に結婚するとき、夫と「対等な関係を損なう表現はやめましょう」と話し合いました。

夫との話し合いの中身とは? 「いま積極的に発信しているのは、過去の自分への反省もあります」と真摯に語ります。

 「家内」「うちの」「奥さん…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら