参院2選挙、8日告示 広島と長野、与野党対決の見通し

楢崎貴司
[PR]

 菅政権にとって初の国政選挙となる参院広島選挙区の再選挙と参院長野選挙区の補欠選挙が8日、告示される。いずれも与野党対決の構図となる見通し。13日告示の衆院北海道2区補選とともに25日に投開票される。3選挙の結果は今後の政権運営や次期衆院選を占う試金石にもなりそうだ。

 広島再選挙は、公職選挙法違反(買収)の有罪判決が確定した河井案里氏=自民党を離党=の当選無効に伴うもの。自民は、地元出身の元経済産業省官僚の新顔、西田英範(ひでのり)氏(39)を擁立。連立を組む公明党が推薦する。野党は、無所属で立候補予定の元キャスターの新顔、宮口治子氏(45)に候補を事実上一本化した。擁立を主導した野党第1党の立憲民主党のほか、国民民主党社民党が推薦。共産党も支援する。

 長野補選は、立憲の参院幹事長だった羽田雄一郎氏が昨年末に新型コロナウイルスに感染して急逝したことに伴うもの。自民は、19年参院選で羽田氏に敗れた小松裕・元衆院議員(59)を立て、公明が推薦する。立憲は「弔い合戦」と位置づけ、雄一郎氏の実弟で新顔の羽田次郎氏(51)を擁立。共産や社民が推薦する。ただ、国民は、羽田氏が立憲、共産、社民3党の県組織などと結んだ政策協定の内容を問題視し、推薦については6日時点で「白紙」の方針を示している。

 一方、13日告示の北海道2区補選は、鶏卵業者から賄賂を受け取ったとして収賄罪在宅起訴された吉川貴盛・元農林水産相=自民を離党=の議員辞職に伴って実施される。自民は候補擁立を見送っており、立憲や日本維新の会などが候補を擁立して争う見通しだ。(楢崎貴司)