人に言えない育児 救ってくれた「ぶっちゃけ、どう?」

有料会員記事

若松真平
[PR]

 長男の1歳半健診の前夜、問診票を手にぽぽさん(33)は悩んでいた。

 「1日の食事について教えてください」

 「テレビやスマートフォンの利用時間を教えてください」

 「子育てで大変だと思うことは何ですか」

 質問項目を見ながら、「正直に書いたら確実に『やばい母親』認定だよな」と思った。

 「子どものことをどう思っていますか」という質問。回答の選択肢には、こんな言葉が並んでいた。

 「感情的に怒鳴ってしまう」

 「可愛く思えない時がある」

 「育児が楽しくない」

 そんな気持ちになってしまうこともあるが、いつもではない。

 「悩みはありません」「食事も特に質問ありません」と、無難な回答を書くことにした。

 正直に書いたところで、「ちゃんとやってください」としか言われないだろう。

 「こんな育児ダメですよ」と言われたところで、そんなの自分が一番わかってる。

 わざわざ怒られるために健診に行こうとは思えなかった。

健診当日に聞かれたこと

 長男はいつもベビーカーに乗ることを嫌がる。

 よその子がおとなしく座っているのを見ると「どうして?」と思っていた。

 健診当日も、長男を脇に抱えてベビーカーを押しながら役所に到着した。

 健診を一通り終えて、泣きじゃくる長男と一緒に面談に臨んだ。

 対応してくれた保健師は、新生児のころから何度か世話になっている女性だった。

 「おひさしぶりー。元気にしてた?」と笑顔で迎えてくれた。

 彼女は問診票を一通り眺めた後、開口一番こう聞いてきた。

 「ぶっちゃけ、どう?」

 そしてこう続けた。「問診票…

この記事は有料会員記事です。残り1620文字有料会員になると続きをお読みいただけます。