[PR]

 米経済誌フォーブスは6日、2021年版の世界長者番付を発表した。資産が10億ドル(約1100億円)を超える「ビリオネア」は2755人で前年より660人増えた。番付に入った人の総資産も13・1兆ドル(約1441兆円)と前年より5兆ドルほど増えた。コロナ禍にもかかわらず、株価などの資産価格は上昇しており、富裕層がより豊かになる流れが加速している。

アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏、4年連続

 1位は4年連続で米アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏で1770億ドル(約19兆4700億円)だった。2位は米テスラ創業者のイーロン・マスク氏で1510億ドル(約16兆6100億円)。昨年は31位だったが株価の上昇で資産額は6倍以上に増えた。3位は「ルイ・ヴィトン」などを傘下にもつ仏LVMHの会長兼最高経営責任者(CEO)ベルナール・アルノー氏で1500億ドル(約16兆5千億円)だった。

 日本勢では、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が454億ドル(4兆9940億円)で29位、ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が441億ドル(4兆8510億円)で31位、キーエンスの滝崎武光・名誉会長が258億ドル(2兆8380億円)で62位と、3人が100位以内に入った。(ニューヨーク=真海喬生)