[PR]

 米連邦最高裁は5日、米オラクルが米グーグルをソフトウェアの著作権侵害で訴えていた訴訟で、グーグルによるソフトの一部の利用を認め、オラクルの主張を退けた。新たな技術革新のためにソフトのコピーがどこまで認められるかが問われた大型訴訟で、米最高裁は新規開発者側の権利を広く認め、グーグル勝訴の判断を下した。

 最高裁判事は、6対2で、グーグルの権利が保護されているとした。

 裁判では、グーグルがスマートフォン向けの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を開発した際、現在はオラクルが権利を有するプログラミング言語「ジャバ」の著作権を侵害したかどうかが争われていた。

 グーグルは「アンドロイド」の開発に際し、ジャバのソースコードのなかのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の一部をコピーし、使用していた。

 APIは、ソフトとソフトをつなぐ役割を果たすプログラム。ジャバで作られたソフトを、APIを通じて、アンドロイド上でも簡単に動かすことができるようになるだけに、グーグルにとっては、世界の大勢のジャバ技術者たちを取り込んでアンドロイド上で動くソフトを作ってもらうために重要な措置だった。

 米国では、ソフトウェアの開発の際、大きな技術革新につながる場合には「公正な利用」が認められている。APIの一部の使用について、訴訟では、オラクル側が著作権侵害だとして損害は90億ドル(約9900億円)に上ると訴える一方、グーグル側は「公正な利用」の範囲内だと主張していた。一審の連邦地裁はグーグルに著作権侵害はなかったとしたが、控訴審は逆に著作権侵害を認め、グーグルが上訴していた。(サンフランシスコ=尾形聡彦)