[PR]

 東芝が、異例の「奇策」に出るかもしれない。買収の提案を英投資ファンド「CVCキャピタル・パートナーズ」から受けていることを明らかにした。日本を代表する企業が外資に狙われているように聞こえるが、そんな単純な構図ではなさそうだ。

 東芝は近年、苦境が続いてきた。

 2015年、全社的な不正会計問題が発覚した。翌16年には米国の原子力事業での巨額損失を公表した。

 資金繰りに行き詰まり、上場廃止も危ぶまれていた17年末、増資を引き受けてくれたのが、約60もの海外投資家だった。窮地を救ってもらった半面、「もの言う株主」を抱え込むことになった。

 こうしたファンドの一部が、増資から3年経った今も議決権ベースで3割ほどを占め、経営に影響を及ぼしている。

 昨夏の定時株主総会では、車谷…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら