物づくりの源流は柳宗悦 人生を導く「指スヤ都」の書

有料会員記事

[PR]

 初めまして。アトリエシムラ代表の志村昌司と言います。アトリエシムラは染織家志村ふくみ、洋子の芸術精神を継承する染織ブランドで、京都・嵯峨野に工房を構えて、草木染と手機で紬(つむぎ)の着物、帯、ストールなどを制作しています。自然への感謝と畏敬(いけい)の念を象徴する葉脈のブランドロゴは、アートディレクターの葛西薫さんにお願いしました。

 私は子供のころから祖母であるふくみと同居していて、工房によく出入りしていました。いつも5、6人の若いお弟子さんがいて、朝から夕方まで「トントン、トントン」と機音(はたおと)が心地よく響いていました。機織りはリズムが大切ですが、当時、子供心に「機は楽器みたいだな」と思っていました。

 嵯峨野は古代に渡来人の秦氏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載指スヤ都 色と言葉で結ぶ

この連載の一覧を見る