睡眠関連ビジネス、食品メーカーも注目 体験施設も

有料会員記事

加茂謙吾
[PR]

 健康志向の高まりで、質の高い眠りをテーマにした「睡眠ビジネス」が広がっている。食品メーカーの間では、眠りを手助けしようと、菓子や飲料の開発が進む。セミナーや体験施設を通じて、快眠のノウハウとともに商品を紹介する動きも出てきた。

 経済協力開発機構(OECD)の調査によると、日本人の睡眠時間は平均約7.4時間。対象の約30カ国のなかでもっとも短い。2017年には「睡眠負債」が新語・流行語大賞のトップ10入りした。睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼす恐れを指す言葉で、寝不足の問題が注目されるようになった。

写真・図版
「ネスカフェ 睡眠カフェ in 原宿」のイメージ=ネスレ日本提供

 江崎グリコは19年、機能性表示食品のチョコレート「GABA(ギャバ) フォースリープ」を発売した。ストレスや睡眠の質に影響を与えるとされるアミノ酸の一種「GABA」の成分が売りで、同年の販売額が計画の4倍となるなど好評という。ただ、広報担当者は「商品を食べただけで健康になるわけではない。重要なのは、寝る前にスマホを見ないといった生活習慣。ノウハウを知ってもらうことが必要」と話す。今年3月には、快適に眠るコツを専門家が解説するオンライン講演会を開催した。ハウスウェルネスフーズも19年、GABA配合の飲料などの機能性表示食品「ネルノダ」を発売。体の中心部の体温を管理するといった「快眠テクニック」をサイトで紹介する。

 一方、体験施設をつくったの…

この記事は有料会員記事です。残り351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載知っとこ! DATA

この連載の一覧を見る