医学部合格全国屈指 東海高校が取り組む「大きな学力」

有料会員記事

聞き手・角拓哉
[PR]

 東海地方屈指の進学校、私立東海高校(名古屋市東区)は医学部の合格者が多いことでも全国に知られている。学校の特色や強みについて、西形久司教頭に聞いた。

 ――毎年、東京大や京都大、名古屋大に多くの合格者を出しています。カリキュラムの特徴は何でしょう。

 「極力、無駄なことを省いています。『朝から晩までギュウギュウにやっている』というイメージがあるかもしれませんが、学習は平日の1限目から6限目で完結させ、早朝などの補習は原則やっていません。ダラダラやっても、効果はあがらないと考えています。逆に、生徒から補習を頼まれることが珍しくありません。その場合は、同じ要望の生徒を集めるなどし、教員がそれぞれ対応しています」

 「私は日本史の論述問題について、添削を頼まれることがあります。『頼られているんだな』と、こちらもうれしくなるものです。過去の論述問題や先輩の答案の一部をデータとして保管していて、それらを参考として見せることもあります。大人が作った模範回答より、先輩が一生懸命書いたものを見ると、納得の仕方も違ってきます。『この生徒は、君が希望する難関大学に受かったんだよ』などと言うと、新たなモチベーションになります」

 ――医学部の合格者数は、全国トップクラスと言われています。

 「結論から言うと、学校は全く力を入れていません」

 「医学部に限らず、特定の分…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら