香川県で12人が感染 医療機関に病床確保の協力要請へ

新型コロナウイルス

湯川うらら
[PR]

 香川県高松市は7日、12人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で確認された感染者は947人になった。新規感染者の増加を受け、県は医療機関に病床確保の協力を要請することを決めた。入院患者数が即時に入院できる病床数(142床)の半数を超える見込みとなったため、209床に増やす。

 新たな感染者のうち、20代男性は高松市納税課で勤務する県職員。市は7日、同課の窓口を閉鎖し、接触者らをリモート勤務や自宅待機とした。同僚の40代男性職員の感染も判明。2人は既に感染が判明している女性職員の接触者だった。

 県は直近の感染者18人分の検体を検査し、11例が変異ウイルス(変異株)の疑いがあると明らかにした。

 また、県は7日から県内全域の飲食店に対し、営業時間の短縮を要請した。期間は20日まで。営業時間を午前5時~午後9時(酒類の提供は午後8時まで)とするよう求める。期間中は県職員らが飲食店を巡回する。感染対策の徹底を呼びかけ、営業時間短縮の実施状況を確認するという。(湯川うらら)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]