「懐かしんで飲んで」 クッピーラムネがチューハイに

根本晃
[PR]

 ウサギとリスのキャラクターで知られるラムネ菓子「クッピーラムネ」の味を再現した「20歳(はたち)からのクッピーラムネチューハイ」が発売された。江戸時代から続く愛知の老舗蔵元とタッグを組み、ラムネを卒業した大人たちに「懐かしの味」で訴えかける。

 クッピーラムネはカクダイ製菓(名古屋市西区)が1963年に発売し、多くの人に親しまれてきた定番のお菓子。チューハイはクッピーラムネの原料と同様の砂糖を使用し、レモン果汁を加えて深みやコクを出した。アルコール度数は4%と低めで、クッピーラムネ本来の甘みと酸味が味わえる。

 カクダイ製菓が同じ愛知のメーカー同士で地域を盛り上げようと、創業1844年の中埜(なかの)酒造(半田市)に声をかけたという。カクダイ製菓の担当者は「クッピーラムネを卒業した大人の方々に、違う形で思い出して頂きたいです」。中埜酒造の担当者は「口に入れたときにクッピーラムネの味わいが広がるのを楽しんでほしい。昔をなつかしみながら飲んで頂ければ」と話す。

 300ミリリットルで参考価格税込み262円。中埜酒造のオンラインショップなどで購入できる。問い合わせは同社(0569・23・1231)。(根本晃)