【詳報】最終盤で逆転、挑戦者の粘り実る 勝負の怖さ

会員記事

村上耕司 村瀬信也 佐藤圭司 高津祐典 大野択生
[PR]

 渡辺明名人(36)=棋王・王将と合わせ三冠=に斎藤慎太郎八段(27)が挑戦する第79期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局は、8日午前9時に再開された。

拡大する写真・図版渡辺明名人(左)と斎藤慎太郎八段(右)=2021年4月8日午後、東京都文京区のホテル椿山荘東京、迫和義撮影

 1日目の7日は渡辺名人が最後に26分考えて、60手目を封じた。千日手になりそうな膠着(こうちゃく)状態から先手の斎藤八段が本格的な攻めを決行するかどうか、緊迫した局面を迎えている。

 持ち時間各9時間のうち、残りは斎藤八段が4時間29分、渡辺名人は5時間39分。8日夜までに決着する見込みだ。(村上耕司)

いよいよ開戦、飯塚祐紀七段が解説【第79期将棋名人戦第1局】

22:05

終局後インタビュー

斎藤慎太郎八段

 ――矢倉はある程度思い描いた展開だったのか

 仕掛けに苦労したので、あまりうまくいかなかったかなと。

 ――封じ手のあたりは、控室では千日手の可能性も検討されていた

 結構持ち時間を使ってしまっていたので、何とか打開策を、と2日目に入るときは思っていました。

 ――(67手目)▲4五歩から仕掛けた。

 ▲4五歩のあと(75手目)▲36歩と合わせられるかがはっきりわからなくて、恐らくちょっと(攻めが)細い展開ではと思っていた。

 ――名人の攻め

 ちょっと(自分が)足りない…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら