[PR]

 東京電力福島第一原発の敷地内にたまり続ける処理済み汚染水の処分をめぐり、菅義偉首相は7日、全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長と首相官邸で会談した。会談後、首相は処分方法について「近日中に判断したい」と記者団に語った。

 記者団の質問に対し、首相は「福島復興について汚染水の処分は避けて通れない課題だ」と指摘。岸会長との会談について「非常に有意義だった」とした上で、「6年間かけた検討の中での有識者の評価、風評被害について話をした」と述べた。

 これまで政府は、放射性物質の濃度を法令の基準より十分低くした処理水にし、海に放出する方向で調整を進めてきた。昨年10月にも決定を目指していたが、全漁連の反発などを受けて先送りした経緯がある。