【動画】ジャイアントパンダの楓浜が日光浴、初めての滑り台登り=勝部真一撮影
[PR]

 初めて滑り台に上ったよ――。和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで昨秋に生まれたメスのジャイアントパンダの「楓浜(フウヒン)」がすくすく成長している。7日は屋外運動場で日光浴し、木製の遊具にも挑戦した。

 園によると、楓浜は昨年11月22日に、体長20・5センチ、体重157グラムで生まれ、現在は77センチ、7810グラムに成長。乳歯は24本生えそろった。

 普段は屋内で暮らしているが、健康な骨の形成を促すためにも日光浴が必要で、3月6日から天候が良く、気温が10~20度に安定している日に20分間ほど「外遊び」している。芝生を踏む感触や鳥のさえずりなど新しい刺激に触れることで好奇心が育ち、運動量も増えることで筋力も増加するという。

 7日の気温は14・4度。あたたかい日ざしがふりそそぐ中で楓浜が元気に遊ぶ姿が報道陣に公開された。よちよち歩きの楓浜は木製の滑り台にも挑戦し、この日は初めててっぺんに上がったという。飼育員の吉田倫子さんは、「大きな遊具などに上る習性もあるので、興味を持ってくれたのはすごくうれしい」と話していた。屋外での様子は一般には公開していないが、YouTubeの同園公式チャンネルで配信する予定。(勝部真一)