厚労省の送別会に参加の3人、コロナ感染 関連は非公表

新型コロナウイルス

[PR]

 厚生労働省は8日、同省の職員5人と、4月1日付で組織外へ転出した1人の計6人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。このうち5人は3月末まで同省老健局の老人保健課に所属し、うち3人は同課が3月末、東京・銀座で深夜にかけて開いた送別会に参加していた。残る1人も同じ老健局に所属していた。送別会との関連については公表していない。

 厚労省によると、職員5人は3日から6日にかけて発熱などの症状が出たという。少なくとも4人に38・5度以上の高い熱が出た。また、感染が確認された6人以外にも老健局の職員2人に発熱などの症状があり、検査の結果を待っているという。

 田村憲久厚労相は8日の参院厚労委員会で「改めておわび申し上げる」と述べた。送別会に参加しなかった老人保健課の2人が感染したことも含めて「感染経路は保健所が調査している。最大限協力し、分かったことは速やかにお知らせしたい」と語った。

 送別会は老人保健課が3月24日に開いた。地方自治体から研修に来ていた人たちの送別を名目に職員23人が参加し、午前0時前まで続いた。厚労省は担当課長を減給1カ月とした上で大臣官房付として事実上更迭し、事務次官や老健局長、出席者ら計22人を処分した。また、田村厚労相も給与を2カ月分、自主返納することを明らかにしていた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]