米オリンピック委「東京大会は安全」 選手派遣に意欲

有料会員記事

ニューヨーク=藤原学思、ロンドン=遠田寛生
[PR]

 米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は7日、オンラインで記者会見を開き、今夏の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックへの参加について、「引き続き科学的に見ていかなければならないが、この大会は安全に責任を持って実施できると信じている」と、強い意欲を示した。

 新型コロナウイルスの影響で1年延期となったが、サラ・ハーシュランド最高経営責任者(CEO)は「この大会は他に類を見ないものになる。我々は今後も選手をサポートすることに集中を研ぎ澄ましていく」と前向きに話した。

 日本を含め、新型コロナの感染は世界で収束する気配はない。広がりを見せている国も多い。

 だが、選手派遣についての懸…

この記事は有料会員記事です。残り562文字有料会員になると続きをお読みいただけます。