全国の暴力団勢力は2万5900人 16年連続で減少

会員記事

編集委員・吉田伸八
[PR]

 全国の暴力団勢力は昨年末時点で2万5900人で、前年より2300人(8・2%)減ったと警察庁が8日発表した。16年連続の減少で、同庁は要因を「取り締まりや社会の暴力団排除活動が進み、資金獲得がいっそう難しくなっている」と分析している。

 暴力団の組織に所属する構成員(組員)は前年より1100人(7・6%)少ない1万3300人、組織に所属しないが資金面などで活動に協力するといった準構成員などは1100人(8・0%)減の1万2700人だった。

 団体別では、最大の指定暴力団の山口組(本部・神戸市)の勢力が8200人。住吉会(同・東京都港区)4200人、稲川会(同)3300人、神戸山口組(同・神戸市)2500人と続く。

 山口組をめぐっては、201…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら