[PR]

 国民民主の玉木雄一郎代表は8日の記者会見で、今夏の東京五輪・パラリンピックの開催可否について「いまの感染状況を客観的にみると、本当に開催できるのか。第三者機関を設けて慎重に検討すべきだ」と述べた。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、現状では開催が難しいとの認識を示した。

 玉木氏は首都圏に「まん延防止等重点措置」が出される可能性があることを念頭に「延期論を含めて一度冷静に検討するべきだ。まん延防止等重点措置が出ているならできないと思う」と述べた。さらに「開催となれば、1万人近い医療関係者の投入が必要になる。医療資源の適正配分の観点から、安全に開催できるかどうか、第三者機関で客観的にレビューする時期にきている」と指摘した。

 一方、ワクチンを五輪選手に優先接種させることがあれば、「本当に国民的な理解と納得が得られるか疑問だ」と強調した。「(政府が優先接種を検討しているとすれば)開催ありきで無理やり順位を変えている気がする。選手自身が非常に後ろめたさを感じ、悩ませることになる」と語った。(鬼原民幸)