• アピタル

保健所管内ごとの感染者数公表 詳細エリアの推移わかる

有料会員記事

市野塊
[PR]

 新型コロナウイルスの感染者数について厚生労働省は、中核市以上の自治体などにある保健所の管内ごとに細かく公表し、地図上で感染状況をみられる運用を始めた。国の公表はこれまで都道府県別だけだったが、「まん延防止等重点措置」が市町村単位でも適用されることを踏まえ、地域ごとに分析できるようにした。

 人口10万人あたりの1週間の新規感染者数を5人以下から100人以上まで8段階に区分。地図上で感染者が少ない順に緑、黄、赤、黒などと色分けした。7日にあった専門家組織の会議で初めて公表した。

 それによると、感染が広がる関西地方では3月22~28日、人口10万人あたりの新規感染者が25~50人なのは大阪府の大阪市と東大阪市のみ。しかし、3月29日~4月4日では大阪市、東大阪市、八尾市で50~75人、その周辺の豊中市や堺市、隣県の奈良県大和郡山市なども25~50人に上がっている。

 一方、東京都では3月29日…

この記事は有料会員記事です。残り111文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!