[PR]

 大阪府は8日、府内で新たに905人が新型コロナウイルスに感染したのを確認したと発表した。1日あたりの感染者としては過去最多で、過去最多を更新するのは3日連続。また新型コロナに感染していた50~90代の男女3人が新たに亡くなったことも明らかにした。府内の感染者は延べ5万7597人、死者計1202人となった。

 新たに感染が確認された905人のうち、70・7%の人が感染経路が分かっていない。

 入院中の重症患者は、前日より9人増えて167人。府が確保している病床(224床)の使用率は74・6%となった。入院中の軽症・中等症患者は前日より28人増えて907人となり、確保病床(1766床)の使用率は51・4%に上った。5割を超えるのは2月8日以来、約2カ月ぶり。

 また、吹田市の医療機関でこれまでに職員と患者計6人の感染が確認された。府はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

 また、これまでに感染が確認された人のうち、府内で新たに236人が変異株に感染した疑いがあることも明らかにした。これまでに変異株に感染した疑いのある人は1336人、そのうち感染が確定した人は263人となっている。

大阪市、5月のUSJでの成人式を延期

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、大阪市は8日、同市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で5月後半に計画していた成人式の延期を決めた。今年1月に開催予定だった成人式の延期は2回目。松井一郎市長は同日、記者団に「5月後半までにUSJの入場制限が緩和される可能性は極めて低く、延期する。今年中には実施したい」と述べた。