完全復活のため 山崎康晃に必要だった「新しい景色」

有料会員記事

井上翔太
[PR]

 今では、必要な時間だったと思える。

 横浜DeNAベイスターズ山崎康晃は1月、三浦大輔監督から直接、春季キャンプのファーム(2軍)スタートを告げられた。

 プロ6年目の昨季は0勝3敗、防御率5・68。プロ入り後最悪の成績に終わっていた。

新しいものを作るイメージで

 入団1年目の2015年から抑えの大役を担い続け、18、19年にはセ・リーグのセーブ王に輝いた守護神。直前のシーズンが不調だったとはいえ、プロ初のファームスタートは予想していなかった。

 「なんでだろうと思うことは、当然ありました。外国人選手の来日が遅れている中、(ファームのキャンプ地)嘉手納で調整する意味とは何なのか、と」

 もやもやした気持ちは、仁志敏久ファーム監督の一言で軽くなった。

 「きっかけをつかんで調子を戻すというより、今から新しいものを作るイメージでやってみたら?」

 山崎はこれまで、150キロに迫る速球に、130キロ台で鋭く沈むツーシームを織り交ぜて試合を締めくくってきた。

 だが、昨季の苦い経験をへて、思った。「今まで以上に質を高めないと、生き残れない世界。相手打者に嫌がられる投手であるためには、これが必要だった」

進化を求め、たどり着いた「新球種」

 新しい球種の取得に挑んだ。

 ゼロからの挑戦ではない…

この記事は有料会員記事です。残り561文字有料会員になると続きをお読みいただけます。