復帰めざす斎藤佑樹 久しぶりのマウンドで得た感触は

有料会員記事

坂名信行
[PR]

 昨年10月の右ひじ靱帯(じんたい)断裂からの復帰を目指している日本ハム斎藤佑樹(32)が一歩前進した。8日、2軍施設がある千葉・鎌ケ谷スタジアムで右ひじの治療後、初めて打撃投手を務めて29球を投げた。

 右ひじの状態は順調に回復していた。患部に不安がないことを示すように「よしっ」と投げる前には気持ちを込め、投げ込む際には「うっ!」と声が出た。

 この日の最速は135キロだった。ただ、初めて打者相手に投げた段階では、まずまずの感触は得た。「昨年の最後とは感覚が全然違います。指がボールにしっかりとかかっている感じがあった。確実に打者に勝負できるなという兆しが見えてきた」。そう言ったときの表情は明るかった。

 右ひじに負担がかからないよ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら