焦がしネギ香るチャーハン 具はサケでもベーコンでも

会員記事

編集委員・長沢美津子

拡大する写真・図版チャーハン=合田昌弘撮影

[PR]

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

ごはんラボ チャーハン

 皿から立ちのぼるのは焦がしたネギとしょうゆの香り。焼き目をつけたご飯は、ほわっと軽い食感です。難しい鍋振りをしなくても、思い描く香ばしさのチャーハンはできます。

 その味わいを分析してみると、土台のご飯に具材をちりばめ、油と熱の力で豊かな風味を生んでいます。外食のイメージではラードたっぷり、塩も利いていますが、家ではできるだけ油を控え、一口目は薄味に感じるくらいが、食べ飽きない意味でもおすすめ。今回はご飯に少量の油をまぶしてから炒め、具材に塩気のあるものを少量使うことで、健康への配慮とおいしさの両立を考えています。具材はサケフレークのほか、ベーコンやチャーシューなど好みで。

 調理中のポイントが火加減です。強めの火でネギを色付け独特の香りを出したり、卵をふくらませたりします。もしもフライパンから煙が出るほど熱くなったら、一度火を止めること。何度か作れば、コツがつかめます。(編集委員・長沢美津子)

チャーハン

材料(1人前)料理監修:吉田勝彦さん(中国家庭料理ジーテン)

□ ご飯 180g 

□ 長ネギ 1/4本(10cm)

□ 小ネギ 2本

□ 卵 1個

□ サケフレーク 大さじ1

□ 酒 大さじ1

□ しょうゆ 小さじ1

□ コショウ 少々

□ 油 大さじ2と1/3

【作り方】

長ネギを縦二つに切り、5mm幅の細切りにしてから粗いみじん切りにする。小ネギは幅5~6mmの小口切りにする。

②温かいご飯に油大さじ1/3をふりかけ軽く混ぜる。卵を溶きほぐしておく。

拡大する写真・図版ご飯に油を混ぜる=合田昌弘撮影

③フライパンに油大さじ2を温…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら