アンジェラ・アキさんが校歌制作、四国初の夜間中学開校

斉藤智子
[PR]

 四国で初めての夜間中学「徳島県立しらさぎ中学校」(徳島市北矢三町1丁目)の開校式と入学式が7日夜にあった。一般教科のほか、防災や郷土についても学ぶ。県内各地から通学する10~80代の34人が学校生活をスタートした。

 夜間中学は、戦後の混乱期で義務教育を修了できなかった人や、不登校などで十分に通えなかった人、学び直しを希望する外国籍の人などを対象にした公立の夜間学級。文部科学省によると、この4月に開校する徳島、高知両県の県立夜間中学を含め、全国で12都府県の36校となる。県立は徳島と高知が初めてという。

 しらさぎ中学は、定時制・通信制の県立徳島中央高校の敷地内に開校。鉄筋コンクリート2階建ての校舎は、旧産業教育実習棟を改修した。

 7日の式典は体育館であり、両校の校長を兼務する大住満寿夫校長が「多様性」の大切さについて語った。「教職員と生徒がともに学び合い、成長できる学校をめざすので安心して通ってください」と呼びかけた。

 校歌も披露され、板野町出身のシンガー・ソングライター、アンジェラ・アキさんが作詞作曲した。徳島のシンボルの眉山や吉野川を織り込み、「大地をぐっと踏みしめて藍色の空を見上げよう」「明日へ飛び立つしらさぎ」と生徒を後押しする歌詞を優しい曲調に乗せている。

 生徒を代表し、徳島市在住の保育園長、落合輝紀さん(38)が「年代や国籍はさまざまだが、学びたいと思う強い気持ちは同じです。それぞれの夢や目標に向けて楽しみながら学んでいきたいと思います」と宣誓した。外国籍の入学生は中国やフィリピンなど5カ国11人。同席した通訳を介してあいさつなどに耳を傾けた。

 授業では一般の中学と同じ9教科を中心に、防災教育や消費者教育を取り入れ、日本語教育を充実させたコースも設けた。遊山箱づくりや藍染め、阿波踊り、歩き遍路を体験するなど、郷土についても学ぶ。(斉藤智子)