西村大臣「大阪、60人感染レベルなら…」高い目標示す

新型コロナウイルス

西村圭史
[PR]

 政府の新型コロナウイルス対策を担当する西村康稔経済再生相は8日、関西経済連合会など関西の財界3団体とのオンライン形式の意見交換で「大阪(の1日の新規感染者数)は50、60人のレベルで制御していくことが大事だ」と語った。大阪府のこの日の新規感染者数は905人で過去最多を記録。高い目標を投げ、時短などの協力継続を求めた形だ。

 意見交換の場で西村氏は、1月からの緊急事態宣言下で、飲食店などが午後8時までの時短営業に取り組んだ効果で、大阪と東京の1日の新規感染者数が、一時的にピーク時から約9割減ったことを強調した。

 そのうえで、「大阪で言えば50、60人のレベル、東京で言えば300人のレベルなら、病床も含めてしっかりと対応できる。ここで制御していくことが大事だ」と述べて、協力を求めた。(西村圭史)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]