施設から家に戻った父 母は3晩手をつないで添い寝した

有料会員記事

[PR]

それぞれの最終楽章・読者から(5)

遠藤節子さん(静岡県沼津市・55歳)②完

 ようやく施設に入れた父でしたが、そこからが大変でした。転倒を繰り返し、発熱したり吐いたりするたびに私が呼び出されました。毎朝、「今日は帰る」と言って、エレベーター前からずっと離れなくて困っているので、説得してほしいとも言われました。

 その後、肺炎や腸閉塞(へいそく)を繰り返し、そのつど入院→退院→入所、の繰り返しでした。父はますます手がかかる状態になったので、それまでの大規模な介護施設から小規模な施設に移りました。

 しかし、人手不足だったのでしょうか、面会に行ったときに、顔もエプロンもとろみ食にまみれ、スプーンを持たされたまま固まっている父を見つけました。そのとき初めて、父のことを「かわいそう」と思いました。翌日、母に「お父さん、家に連れて帰ろうか」と相談しました。母は「そう言ってくれるのを待っていた」と泣きながら喜びました。

 すぐにケアマネジャーに連絡…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら