• アピタル

高齢者向けワクチン、6月までに供給見通し 河野行革相

新型コロナウイルス

坂本純也、市野塊
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、政府内の調整を担う河野太郎行政改革相は9日の閣議後の記者会見で、6月末までに1億580万回分(1瓶から6回接種換算)のワクチンを供給できるとの見通しを示した。これで優先接種の対象である医療従事者(約480万人)と高齢者(約3600万人)の分は行き渡り、持病のある人(約1030万人)の一部への供給も始められる計算になる。

 いずれも欧州連合(EU)が輸出を承認することが前提だ。米製薬大手ファイザー社のワクチンは1人2回接種する。河野氏は会見で、6月末までに医療従事者と高齢者の分の供給量確保に加えて、「基礎疾患に移行する部分のワクチンも、これで一部カバーできると思っている」と述べた。5月は約4300万回分、6月は約4460万回分を供給できるとしている。

 高齢者向けのワクチンが6月末までに供給される見通しになったことを受けて、田村憲久・厚生労働相は9日の閣議後会見で「7月、8月の早い時期には態勢が整っている、そういう状況をつくっていかないといけない」と話した。

 ワクチン接種をめぐっては、2月中旬から医療従事者への優先接種が始まっており、今月12日からは高齢者向けが始まる予定だ。(坂本純也、市野塊)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]