メルヘン村のペンション1軒、熊本地震で全壊から再開へ

有料会員記事

後藤たづ子
[PR]

 阿蘇の山々や、遠くに有明海を望める丘の上に「メルヘン村」(熊本県南阿蘇村)はあった。6軒のペンションが集まる人気の地は、2016年4月の熊本地震で5軒が全壊するなど壊滅的な被害を受けた。唯一、その地での再建をめざすペンションが今春、完成した。5月中のオープンを目指し準備が進んでいる。

 メルヘン村は当時の長陽村が誘致した業者の開発で1979年に完成。最初に開業したのが、栗原有紀夫さん(56)の父が始めた「ペンション風の丘野ばら」だった。その後間もなく他のペンションも次々に開業した。

 熊本地震では丘の斜面が大きく崩れ、ペンションや住宅のほとんどが全壊。「野ばら」も斜面の崩落とともに建物の一部が落ち込むなどして全壊した。道も寸断され、ペンションの経営者や宿泊客らは声を掛け合って丘の広場に集まり夜を過ごした。

 斜面はさらに崩れる心配があり、栗原さんを含む経営者たちは当初、国の事業を活用した集団移転を模索した。だが地震から約1年後の2017年春になって、県が急傾斜地の対策工事を提案。対象となる土地の無償提供を求められて話し合いは難航した。

 その間に1軒は廃業を決め、2軒は別の場所の中古ペンションへの移転を選択。栗原さんも他1軒の経営者らと移転先を決め、共同で土地購入の準備を進めていたが、仲間は資金面の問題から断念した。途方に暮れていた20年初め、急傾斜地の対策工事が近く完成することが分かった。現在地での再建を決断した。

 ただ、被災中小企業への補助金を受けるには今年3月までに工事を完了する必要があった。まだ銀行の融資も確定していない段階で、建設業者は工事に着手してくれたという。

 完成した木造2階建ての新しいペンションは、見晴らしのよい広いデッキや、以前から要望の多かったペット同伴者用の客室を備えた。いまは、備品や予約システムの整備、料理の試作の真っ最中だ。

 再建を模索するたびに壁に当…

この記事は有料会員記事です。残り360文字有料会員になると続きをお読みいただけます。